FC2ブログ

2018-07-14

メタモルフォーゼス(Sold Out)

大判ペアシェイプ・カボションカットの

メタモルフォーゼス(メタモルフォシス)です。


40×27×12mm・・と、私的王道サイズ(笑)3×2㎝をかなり上回る、

大判でたっぷり肉厚のペアシェイプ・カボションです。


これだけ立派なメタモルフォーゼスはなかなかないんじゃないかと

思いますので、この石が憧れだった・・という方は是非、

この機会にGetなさってくださいませ‼


メタモルフォーゼス(またはメタモルフォシス)は、

ブラジル・ミナスジェライス州のディアマンティーナという町の鉱山で産出される

乳白色から乳桃色をした水晶の一種です。


一見ミルキークォーツ(乳白水晶)のようですが、それとは違い、

メタモルフォーゼスは、そこにガンマ線を照射し、さらに300℃程度で加熱すると

グリーンゴールド色に変色する(≒オウロベルデ・クォーツになる)ことが

最大かつ稀有な特徴とのことです。

その特徴故に、発見者であるアメリカのクリスタルヒーラーで鉱物研究家の

A・メロディ女史により

「メタモルフォーゼス(変化・変質・変容)」

と名付けられました。

「意識の変革と変容を助ける石」とされ、また、

ヒーリング力も高く、持ち主の意識を高次のそれへと促す効果もあるとか。


今日はゴールドワイヤーで仕立てました。

モチーフは渦巻きオンリーですが、シンプルでありながら、

堂々とした風格・ゴージャスさ・エレガントさを持っています✨

長めのチェーンでみぞおち辺りに提げていただくと、

カーーッコイイかなぁ♥(≧▽≦)♥と思っております‼




メタモ




サポートクリスタルは、水晶、白メノウ、オレンジトパーズ、淡水パールです。


石サイズは、縦径約40mm、最大幅約27mm、厚み約12mm

82.5カラット(1カラット≒0.2グラム)

ワイヤー込みの総重量約21.2g

バチカン込みの全長約55mm

アーティスティックワイヤーゴールド使用





IMG_5568 (2)



IMG_5432 (2)






チェーンはお付けしていません。

サービスストラップ(ポリエステルとナイロン混紡ひも約70㎝)を
 
お付けいたしております。





SOLD OUT
お求めくださいまして、誠にありがとうございました!!




















たくさんの方に見ていただきたくー

★↓↓↓クリックお願いします★


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ









♥♥♥どうもありがとうございます♥♥♥

♥♥たいへん励みになってます♥♥

♥♥お気に入りやフォローもいただき、心から感謝しております。♥♥














スポンサーサイト

テーマ : 天然石のワイヤージュエリー
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : ワイヤーアクセサリー ワイヤージュエリー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

izumi

Author:izumi
みなさまこんにちは。
東京在住の
izumiと申します。

KuthumistyleⓇ
(クツミスタイル)という
ワイヤーアクセサリーに
出会って以来、
その美しさ、奥深い世界観に魅せられています。

ここでは私の創作日記を綴ってみたいと思っています。

作品は全てKuthumistyleⓇの技法を用い作製しています。

KuthumistyleⓇは、
『Healing Crystal Accessory Kuthumi』の
壹岐氏名義の登録商標です。
当ギャラリー『ユニコーンの泉』では、
2018年9月に壹岐氏と正式に
商標登録使用権許諾契約書を交わし、
KuthumistyleⓇの使用権を共有しています。


尚、著作権の放棄はしておりません。当ブログ内の画像及び文章の無断転載、取り込み、使用、また、作品の模倣、盗用、転売も、固くお断りいたします。

minneサイト以外の販売はいたしておりません。万一、他所で無断転載・無断転売品等をお求めになられましても、当方では一切責任を負いませんので、何卒ご了承ください。

また、著作権上の配慮により、写真を随時・適宜削除させていただいております。


☆Web Shop ( minne )☆

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
★★Click Please★★

★★Click Please★★
★★Click Please★★