FC2ブログ

2014-12-01

レインボークォーツ(Sold Out)

虹入り水晶です。


ドーム型のやや大ぶりのルースで、

素晴らしい虹がドバーーーッ

と、出てます(≧▽≦)


真円ではなく、ちょっといびつなドーム型・・・

王蟲に似てるかも(笑)

いろいろな角度で、いろいろな光で、写真を一杯撮ったので、

あとで見てみてくださいねっ(≧▽≦)


レインボークォーツは、水晶中の自然のクラック(ひずみ・ゆがみ・裂け目)に

当たった光が屈折して虹色が見える・・というものです。

水晶のエネルギーが最大限に発揮されると言われています。


虹は、目にすると、祝福されているように感じ、心が希望で満たされますね。

そんな虹を、見たい時にいつでも見ることができるのが、この水晶なのです(〃∇〃)




今回の石は、石屋さんのとっておきで、私も手放すのが本当に惜しい素晴らしい石です。

光の当たり方にもよりますが、写真よりもっと全体に

バババ―――――ッ

と、虹が広がります!!スゴイですよ!!!!W(°o°)w

あ、でもちなみに、サンキャッチャーのように周囲に虹の光をふりまくものではありません。

あくまで石の中に虹を見るものです。



サポートクリスタルは、虹の7色を順番にぐるりと配しました。

カーネリアン、シトリン、ペリドット、グリーンメノウ、

アクアマリン、ブルーメノウ、アメジスト、水晶、グレーメノウです。

石本体の縦径約25mm、最大幅約25mm、厚み約15mm

バチカン込みの全長約40mm

アーティスティックワイヤーノンターニッシュシルバー使用。



写真は過去最多かもしれません( ̄▽ ̄:)

正面から見て左方向から光が射した時、全面に一番よく虹が広がりますが、

光の当たり方によっては、全く無色透明にしか見えない角度もあります。

またクラックが影になって黒っぽく見えている写真もありますが、

黒い内包物などは一切入っていません。完全に無色透明の石です。











IMG_3325.jpg



IMG_3233.jpg








チェーンはお付けしていません。

サービスストラップ(ポリエステルとナイロン混紡ひも約70㎝)を
 
お付けいたしております。



SOLD OUT
お求めくださいまして、誠にありがとうございました!!






















たくさんの方に見ていただきたくー

★↓↓↓クリックお願いします★


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ








♥♥♥どうもありがとうございます♥♥♥

♥♥たいへん励みになってます♥♥

♥♥お気に入りやフォローもいただき、心から感謝しております。♥♥








スポンサーサイト



テーマ : 天然石のワイヤージュエリー
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

izumi

Author:izumi
みなさまこんにちは。東京在住のizumiと申します。

2013年にKuthumistyleⓇ(クツミスタイル)というワイヤーアクセサリーに出会って以来、その美しさ、奥深い世界観に魅せられ、技術習得の後、2014年8月からはminneサイトにて制作・販売を始めました。

ここでは私の創作日記を綴ってみたいと思っています。

作品は全てKuthumistyleⓇの技法を用い製作しています。

KuthumistyleⓇは、『Healing Crystal Accessory Kuthumi』主宰の壹岐氏(Sayuri先生)名義の登録商標です。当ギャラリー『ユニコーンの泉』では、2020年9月に壹岐氏と正式に商標登録使用権許諾契約書を交わし、(2年ごとの技術チェックで契約更新)KuthumistyleⓇの使用権を共有しています。


尚、著作権の放棄はしておりません。当ブログ内の画像及び文章の無断転載、取り込み、使用、また、作品の模倣、盗用、転売も、固くお断りいたします。

minneサイト以外の販売はいたしておりません。万一、他所で無断転載・無断転売品等をお求めになられましても、当方では一切責任を負いませんので、何卒ご了承ください。

また、著作権上の配慮により、写真を随時・適宜削除させていただいております。


☆Web Shop ( minne )☆

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
★★Click Please★★

★★Click Please★★
★★Click Please★★