FC2ブログ

2016-04-27

ラブラドライト・菱型(Sold Out)

菱型のカボションカットのラブラドライトです。


外枠が凧(カイト)のような形で、表面は丸く磨かれたカボション、

裏面はマットな磨きのフラットです。


カイト型


私的王道サイズ(笑)3×2㎝を余裕で満たす大きさがあり、

まさしく「魔法ペンダント」の存在感ですd(゚∀゚d)

ラブラドレッセンスは、主に左側からの光で

イエローからライトグリーン、ターコイズなどが広がります。

なんとも言えないニュアンスカラーです(〃∇〃)

殊にイエローやライトグリーンが綺麗で印象的なので、

ゴールドのワイヤーで仕立て、

下にはブリオレットカットのシトリンの雫を下げました。

ビーズにもシトリンやペリドットをあしらって馴染ませています♪


生憎、じーーっと正面から見ていても、右側から見ても、

黒っぽい石にしか見えません。

でもペンダントとして身に着ける以上、

様々な角度から見られることになるワケですので、

左側から光が射せば、魔法のようにカラーが現れるワケです(〃∇〃)



太陽と月、陰陽のエネルギーを併せ持つと言われるラブラドライトは、

持ち主のエネルギーもバランス良く循環させ、

ネガティブなエネルギーを取り除き、

インスピレーションをもたらしたり、創造性を高めたりする

パワーがあると言われています。


サポートクリスタルは、シトリン、ペリドット、アパタイト、

ブルーメノウ、ソーダライト、グリーンアベンチュリン、

白メノウ、水晶です。


石サイズは、縦径約34mm、最大幅約24mm、厚み約7mm

30.7カラット(1カラット≒0.2グラム)

ワイヤー込みの総重量約9.7g

バチカン込みの全長約65mm

アーティスティックワイヤーノンターニッシュゴールド使用



念のためいつもお書きしておりますが、

ラブラドライトは、程よい角度から光が射さないと、

半透明の黒っぽい地味目の石でありますことをご承知おきくださいませ。






IMG_4404_20160222212116f98.jpg


IMG_4379.jpg








チェーンはお付けしていません。

サービスストラップ(ポリエステルとナイロン混紡ひも約70㎝)を
 
お付けいたしております。



SOLD OUT
お求めくださいまして、誠にありがとうございました!!























たくさんの方に見ていただきたくー

★↓↓↓クリックお願いします★


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ








♥♥♥どうもありがとうございます♥♥♥

♥♥たいへん励みになってます♥♥

♥♥お気に入りやフォローもいただき、心から感謝しております。♥♥




















スポンサーサイト



テーマ : 天然石のワイヤージュエリー
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

izumi

Author:izumi
みなさまこんにちは。
東京在住の
izumiと申します。

KuthumistyleⓇ
(クツミスタイル)という
ワイヤーアクセサリーに
出会って以来、
その美しさ、奥深い世界観に魅せられています。

ここでは私の創作日記を綴ってみたいと思っています。

作品は全てKuthumistyleⓇの技法を用い製作しています。

KuthumistyleⓇは、
『Healing Crystal Accessory Kuthumi』の
壹岐氏名義の登録商標です。
当ギャラリー『ユニコーンの泉』では、
2018年9月に壹岐氏と正式に
商標登録使用権許諾契約書を交わし、
KuthumistyleⓇの使用権を共有しています。


尚、著作権の放棄はしておりません。当ブログ内の画像及び文章の無断転載、取り込み、使用、また、作品の模倣、盗用、転売も、固くお断りいたします。

minneサイト以外の販売はいたしておりません。万一、他所で無断転載・無断転売品等をお求めになられましても、当方では一切責任を負いませんので、何卒ご了承ください。

また、著作権上の配慮により、写真を随時・適宜削除させていただいております。


☆Web Shop ( minne )☆

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
★★Click Please★★

★★Click Please★★
★★Click Please★★