FC2ブログ

2017-11-09

オウロベルデ・クォーツ(Sold Out)

オーバル・カボションカットのオウロベルデ・クォーツです。


私的王道サイズ(笑)3×2㎝より、横幅のみ少し広く、

厚みも11mmあるので、ふっくらたっぷりぷるっぷるです♥(〃∇〃)♥



世界的に有名なクリスタル・ヒーラーのA.メロディ女史が、

発見し、名付けたと言われる乳白色の石「メタモルフォーゼス(変容)」・・

ブラジルのディアマンティーナ鉱山でのみ産出される

結晶系を示さない塊状の、水晶の一種とのこと。

その「メタモルフォーゼス」にガンマ線を照射して高温加熱すると、

乳白色から漆黒、さらにグリーンゴールド色に変化するのだそう。

そうして出来たグリーンゴールドの石が今日の石、

オウロベルデ・クォーツですね(〃∇〃)

逆に、オウロベルデ・クォーツに「変容」するので、

「メタモルフォーゼス(変容)」がその名を冠されたワケです。

オウロベルデはそういうワケで、「メタモルフォーゼス」の変容形。

持ち主の「変容」の時にも寄り添い、力強いサポートをくれるとか。

また、「一等星のエネルギーを持つ石」と称され、

浄化の必要がないほどパワフルな石と言われています。

肉体やオーラの保護・強化・活性化、困難に打ち克つ、

インスピレーションを高めるなど、様々なパワーが言われています。


今日はゴールドワイヤーで仕立てました♪

オウロベルデ独特の、ほんの少しグリーンが香るシルキーなゴールド石を、

ゴールド系の淡水パールなどと共にレースのように包んでいます♥(〃∇〃)♥

たっぷりした瑞々しいゴールドの塊を、胸に提げ、

「一等星の光エネルギー」を放っていただけたらと願っています•*¨*•.¸¸♬


サポートクリスタルは、シトリン、オリーブジェイド、アラゴナイト、

水晶、淡水パールです。


石サイズは、縦径約30mm、最大幅約23mm、厚み約11mm

56.7カラット(1カラット≒0.2グラム)

ワイヤー込みの総重量約15.5g

バチカン込みの全長約45mm

アーティスティックワイヤーゴールド使用





IMG_7031 (2)



IMG_6925 (2)






チェーンはお付けしていません。

サービスストラップ(ポリエステルとナイロン混紡ひも約70㎝)を
 
お付けいたしております。



SOLD OUT
お求めくださいまして、誠にありがとうございました!!






















たくさんの方に見ていただきたくー

★↓↓↓クリックお願いします★


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ








♥♥♥どうもありがとうございます♥♥♥

♥♥たいへん励みになってます♥♥

♥♥お気に入りやフォローもいただき、心から感謝しております。♥♥














スポンサーサイト



テーマ : 天然石のワイヤージュエリー
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : ワイヤーアクセサリー ワイヤージュエリー

プロフィール

izumi

Author:izumi
みなさまこんにちは。
東京在住の
izumiと申します。

KuthumistyleⓇ
(クツミスタイル)という
ワイヤーアクセサリーに
出会って以来、
その美しさ、奥深い世界観に魅せられています。

ここでは私の創作日記を綴ってみたいと思っています。

作品は全てKuthumistyleⓇの技法を用い製作しています。

KuthumistyleⓇは、
『Healing Crystal Accessory Kuthumi』の
壹岐氏名義の登録商標です。
当ギャラリー『ユニコーンの泉』では、
2018年9月に壹岐氏と正式に
商標登録使用権許諾契約書を交わし、
KuthumistyleⓇの使用権を共有しています。


尚、著作権の放棄はしておりません。当ブログ内の画像及び文章の無断転載、取り込み、使用、また、作品の模倣、盗用、転売も、固くお断りいたします。

minneサイト以外の販売はいたしておりません。万一、他所で無断転載・無断転売品等をお求めになられましても、当方では一切責任を負いませんので、何卒ご了承ください。

また、著作権上の配慮により、写真を随時・適宜削除させていただいております。


☆Web Shop ( minne )☆

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
★★Click Please★★

★★Click Please★★
★★Click Please★★